2010年2月15日 (月)

みけがみあげる

Mike_3 近所の陸橋からふと下を見ると、お上品な三毛の方が見上げていました。

背中を覆った漆黒。
顔の中心は色白でまとめ、表情を明るく前向きに見せる、心憎いばかりの配色です。
どこの猫かな〜、白毛のきれいなところを見ると、飼猫か?

| | コメント (2)

2010年2月 1日 (月)

気冴の肖像

Keza_10久々の気冴姐さん。
相変わらずキバがはみだしています。
この季節の気冴は、一段と脂肪と毛が増して迫力がでてまいりますね。

気の強い姐御、もしくは、女軍曹。猫パンチのスピードには年々磨きがかかっているもよう。

| | コメント (0)

2010年1月19日 (火)

護国寺の猫(ひと)

Gogokuji09初詣に行った護国寺の裏の墓地。
周囲の林で大量のカラスが鳴く中、おそらく去年生まれの虎の猫がいました。
奥のほうにももう一匹、少し大人の猫が。親子か兄弟か。
午後の日差しがどんどん傾く中、しばしのうとうと、気持ちよさそうでした。

| | コメント (0)

2010年1月 9日 (土)

雑司が谷の猫(ひと)

Kishimojin09正月2日にお参りに行った雑司が谷の鬼子母神。
その近くの住宅地に猫のたまり場発見。
猫たちがわらわらと逃げる中、なぜか一匹だけ寄ってきた茶虎白。
んー、色も体型も野分そっくりだ。ついでに超ポジティブな性格も。

野分と言えば、最近どうも、そわそわしています。この季節ですから、外の猫たちは発情期で、複数の猫がアオアオ鳴いていますが、なぜか去勢済みの野分も、外から漂ってくるフェロモンに反応してプチ発情気分のようです。
やり場のない熱情がそうさせるのか、他猫への介入が激化中。一番小柄な黒猫闇慈にマウントしようとするしまつで...。オイオイ、それはおじいちゃんだぞ。

| | コメント (1)

2010年1月 4日 (月)

あけましておめでとうございます

2010新年、あけましておめでとうございます。

今回はうちの年賀状写真を掲載。
我が家の「虎」、穂織のぶっちょう面です。
まあ、別に怒っているわけではなく、昼寝の途中で起こされてちょっとぼうっとしているだけなんですが。

今年も、ゆるゆる更新してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。
ちなみに、初詣のお神籤は、寝子爪も奥さんもめでたい大吉でした。

| | コメント (0)

2009年12月31日 (木)

良いお年を

Uzu_2009今年最後の投稿は、眠たい雲珠。
我が家の真ん中分けちょび髭猫です。
最近、ますます横幅が充実してきて、のし餅状態になっています。
冬なので寒さ対策なのか?

今年も、5猫息災で平穏無事な一年でした。
来年もまた無事でありますように。
良いお年を!

| | コメント (0)

2009年12月28日 (月)

にまいめ

Hori_2009

珍しく男前に写っている穂織。
陽の光が横から当たっていい感じに。
瞳もちょうど良い具合に三日月になってます。
穂織も、もう結構いい年だよな〜。
闇慈と一つ違いなので11才か。
その割には童顔なのだな。デカさは人一倍なのだが。

| | コメント (0)

2009年12月22日 (火)

北町の猫(ひと)

Kitamachi_2これは夏のこと。
近所の商店街界隈を散歩中。
更地になったところに、猫がぽつねんと箱になっておりました。
うちの白黒、雲珠ににたあんこ体型。
しかし、毛色はご覧のように、あちこちに、墨がぽん、ぽん、と飛び火した不思議模様です。
うちの雲珠もおおきな黒丸がよこっぱらに、ぼん、とありますが、こういうのは西洋猫には見られない、日本猫独特の毛色なのだそうです。雲珠をみてもらった獣医さんにそう言われました。
こやつも、雲珠と同じように、ちょっと複雑な性格なんでしょうか...。

| | コメント (0)

2009年12月15日 (火)

中板橋の猫(ひと)

Nakaitaだいぶまえ。
奥さんと、板橋の区民祭だったか農業祭だったかを見物したあと、歩いて中板橋までぶらぶらしてみたのです。
途中、うちの穂織的でかさのトラ白氏に遭遇。
声をかけると、撫でれっ、とやってきました。
こういう、埃っぽいタイプの大猫はおうようで人なつこい。
ういやつでした。

| | コメント (0)

2009年12月 9日 (水)

にがみばしる

An_2009_2久々の黒猫闇慈です。
斜光を浴びてシブい感じになっています。
苦み走った男前。
性格はおばちゃんですが。
やや憂いを含んでいるのは鼻が詰まっている故か。
しかし、白髪が増えたなあ、頬のあたりとか、あと肩の周辺。

| | コメント (0)

2009年12月 5日 (土)

愛宕神社の猫(ひと)

Atago散歩の途中で立ち寄った愛宕神社の階段の上に、美麗な三毛が。
地面の枯葉はちょっと湿っているのに、構わないらしい。
こういうフクフクの三毛は見ていて落ち着きますね。
限りない、巨大な安心感があります。

| | コメント (0)

2009年12月 4日 (金)

けづくろい

Nowa_name野分の毛づくろい。

あー、かわいい。
猫らしい。
口元が笑っている。
肉球が完璧だ。

| | コメント (0)

2009年11月29日 (日)

おおねこ2

Hori_nowaki我が家の大猫ふたり。

鯖虎穂織と、茶虎白野分です。
性格は真逆で、穂織は小心者、メンタル弱し。野分はチャレンジャーというより怖いもの知らずと行った方がいいでしょう。茶虎の遺伝子は「大胆不敵」という感じがします。

| | コメント (0)

2009年11月21日 (土)

巣鴨の猫(ひと)

Sugamoこれは確か、巣鴨地蔵通りをぬけたあたりの住宅街路地にいらした猫のひと。
目が合うとなぜかごろにゃんと自転車にアタマをこすりつけてアピールしておりました。
後ろに控えているのは兄弟か。
やっぱり、サビ系はあまったれの血筋かも。
ちょいとカメラがぶれてしまいましたが、かわいいヤツラでした。

| | コメント (0)

2009年11月15日 (日)

上野の猫(ひと)

Uenoこれは、いつだったか。

たしか国立科学博物館を奥さんと見物したあと、ぶらぶらと上野界隈を散歩していた時に出会った猫のひと。
スナックの入り口階段でぽつねんと店のドアが開くのをまっているようでした。ママさんの飼い猫か、それとも通いの看板猫か...。

| | コメント (0)

2009年11月11日 (水)

はんせい

Nowa_hanseiぼちぼち冬?と思うと春のような雨がふったりして、落ち着きませんね、このごろ。
久しぶりの更新で、ブログほったらかしぎみの寝子爪、反省しております。もちょっとまじめに更新しようと思います。写真は色々たまってるんですが。

そしてまた、日頃の行いを反省しつつ眠りにつく猫が一匹。
野分です。
こやつ、猛々しい青春パワーを日頃持て余しているゆえ、器物施設の破壊、食料資源の窃盗、他猫への強制介入、立ち入り禁止区域への侵入など、日々思想なきテロ活動に邁進しているのであります。
もうちょっと落ち着いてくれないかな〜、まあ、元気な証拠でなによりという事もいえますがね。おしっこの調子も良いようです。

| | コメント (0)

2009年10月 2日 (金)

江戸川橋の猫(ひと)

Edogawabashiああ、もう、十月だ。山はもう紅葉も始まっているとかいないとか。

仕事場の近く、といっても事務所のあるビルの敷地内で出会った若い虎猫。
かわいらしい。
カメラを向けると、ハッとしてこちらを見上げ、なんだか呆然とした顔でしばらくじ〜っと見つめたあと、ふいっと行ってしまわれました。
ここらあたりは、虎、茶虎白、ミケが多いですね。近くの商店街にもけっこう猫がいて、ちゃんとしています(街は猫基準で判断せよ)。

| | コメント (2)

2009年9月 9日 (水)

あし

Hori_ashi家で仕事する日のなごみ風景。
パソコンの画面の向こうで、うかうかと昼寝する虎猫穂織の足としっぽです。
この場所は、だいたい穂織ですね。
あるいは茶虎白の野分、たまーに黒猫闇慈です。
なぜか気冴と雲珠の女性陣には人気ありません。結構日あたりも良くて気持ち良さそうな場所なんですけどね。あ、寝子爪の煙草の匂いがいやなのか。きっとそうだな。

| | コメント (0)

2009年8月26日 (水)

まったり

Kezauzu東京も朝晩涼しくなって、今年は秋が早いのでしょうか。

階段で一休みする錆系三毛猫、気冴と、白黒猫、雲珠、女二人でまったりと。
ある日のひとこまです。
左手をだらりとして偶然なのか同じポーズ。
気冴の、目線と耳の向き(耳線?)が別々なあたりが、用心深い性格を物語っていますね。

| | コメント (0)

2009年8月16日 (日)

ひさしぶり

Syuta_09_01故郷の岩手県宮古市に帰省してきました。

母の猫、舟太です。
歓迎のあいさつなのかなんなのか、玄関先でごろんごろんとねっころがっているところ。

何ヶ月か前、近所の猫とけんかして、噛み傷が化膿して大変だったそうです。なにしろ、ぶいぶい言わせているのでね。

Syuta_09_02 こちらは、ダンボールに収まってご機嫌中。
どこの猫も箱は好きですね。

それにしても、東北は涼しかった。
東京暑すぎです。
現在の部屋の気温33度。あ~。

| | コメント (0)

2009年8月 9日 (日)

和菓子店の猫のひと

Shimura_wagashi板橋志村近辺で出会った和菓子店の猫のひと。
やはり商店には、ぷっくり系猫が似合いますね。
背中の黒い部分にアメショー系の痕跡あり。


| | コメント (0)

2009年7月21日 (火)

はら

Uzu_atsui東京、暑いです。
我が家の夏の風物詩のひとつと言えばこれ。
雲珠の「腹から熱発散寝」です。
ごろんと横になり、ずいっと腹を放り出して、やがてうとうとし、最終的に前足がうらめしや姿勢になります。

| | コメント (0)

2009年7月12日 (日)

ぐ〜

Hori_aomuke_2前回の穂織写真が、田舎の母に好評だったので第2弾です。
床でご機嫌爆睡する穂織。
目が猫っぽいですね〜、当たり前ですけど。
あー、かわいい。でかいですけどね。


| | コメント (0)

2009年7月 8日 (水)

はらのうえ

Hori_hara寝子爪の腹の上にのっかった穂織。
せっかくなので顎の下を掻いてやると、あまりの気持ちよさに、鼻がお獅子状態に。
鼻と鼻の下の状態は、なんだろ、トド?

最近、年のせいか、甘えモードのスイッチ
入りやすくなっている穂織です。

| | コメント (0)

2009年7月 4日 (土)

なかとそと

Ogawatyo仕事の事務所近隣の住宅地にて。
家の中には虎白の美人ちゃん。外にはうちの穂織似のノンキそうな鯖虎君。
にゃごにゃごと床のレンガに背中をこすりつけてご機嫌でした。


| | コメント (0)

2009年6月23日 (火)

かばんざぶとん

An_kaban寝子爪のショルダーバッグを座布団に、ちょこなんとする黒猫闇慈です。
なんか、猫ども、何かの上に乗っかりたいんですね。
猫や状況により脱ぎ捨てた衣類や、スリッパ、スーパーの袋、なにかの「しるし」の上に乗っかるのが猫で。
時には、寝ているにんげんの上に乗っかり、ついつい封印してしまうのであります。

| | コメント (0)

2009年6月10日 (水)

うずすいみん

Uzu_moufu季節はずれにならないうちに...ってもう季節はずれですね。
毛布にもぐって睡眠中の雲珠です。
多分3月ぐらいの写真。
現在はというと、床に仰向け腹出し寝が主流ですかね。暑い時期には腹からの放熱が一番効果があるようです。腹毛があるので寝冷えはないのかな、こやつら。

| | コメント (0)

2009年5月26日 (火)

板橋志村の猫(ひと)

Sippo休みの日に板橋界隈をぶらぶらしました。
何か、車庫っぽい建屋のなかから、我らの姿を見つけたこの個性的な模様の白黒が、なあああー、鳴きながら出てきました。
ふと見ると、向かいは小学校。
平日は、そこのお子たちから、しょっぱい物や油っぽい極上ものをもらっているのかな、腎臓が心配だぞ。
こやつにつられて、兄弟か母親か、もう一匹の虎も出てきました。
んん、尻尾がきっちり黒で可愛い。去年の秋生まれかな、と。
頬のあたりの角張った骨格が、うちの雲珠にそっくり。
毛色と骨格は関係あるのかもしれません。

| | コメント (0)

2009年5月13日 (水)

おとめ

Meshita奥さんがゲットしたとらねこ写真。
地味なトラでありながらも、この目線の処理、そして上半身および手のお淑やかな「こなし」で、見事な乙女っぷりを発揮しています。
洋猫っぽい毛質のぽさぽさ感もどこか昔の少女マンガっぽいタッチですよ。
実物にお目にかかりたい。

| | コメント (2)

2009年5月 4日 (月)

ん?

Hori_uto_2 爆睡穂織を激撮しようとしたところ、ふと眼を覚ましてしまいました。
この、口元の毛のむほむほ具合とでかい鼻が穂織ですね。
腰のところに脂肪球があってちょっと心配だったんですが、このところちょっと小さく、柔らかくなってきた感じです。お医者さんの話によると「年齢的なものもあるのでね〜」だそうです。

| | コメント (2)

«くろ氏